未分類

文学少女に食べられる

投稿日:

「文学少女に食べられる」あらすじ

主人公は大学の文学サークルの目立たない男の子です。
そこで気になっている後輩の女の子がいました。
彼女も目立たず、二人は一緒に部室にいても黙々と本を読むだけでした。

女の子と仲良くなりたいと思うも交際経験もなく、悶々としやきもちを押さえるのに必死な主人公。
しかし、ある時女の子に飲みに誘われたのでした。

彼女の始めてみせる表情にドキドキしていると、彼女は

「お耳… 舐めさせていただけませんか…?」

と、アブノーマルな性格をカミングアウトしたのです。

そして、誘われるがままに彼女の家に言った主人公。
二人はベットで隣に座り、甘い匂いに誘われてドキドキしていると

「お耳… 舐めますね…」

遠慮がちに言いながら、主人公の耳をゆっくりと舐め始めました。

耳の外側をゆっくりと舐めながら、最後には耳の中まで舐め始める後輩。
主人公は感じてしまっており、声が出そうになりました。

彼女はくすくす笑いながら

「声出しちゃだめですよー」

と主人公の口を押さえます。

そして急に積極的になった女の子は、主人公を言葉で虐めながら主人公のち○ぽを触ったのです。

その後主人公のち○ぽをいじりながら、

「一杯一杯… 愛してあげます…」

とち○ぽをこすり始める女の子。

主人公は感じてしまい、苦悶の表情をします。
同時に耳も嘗められてしまい、主人公は射精をしてしまいました。

それを見て興奮した女の子は、今度は主人公のち○ぽを嘗め始めます。
そして、ち○ぽをくわえフェラチオを始めました
更に同時に、金玉とアナルを刺激し始めます。
再び主人公は、射精をしてしまいました。

射精した主人公を見て、顔を赤くし嬉しそうにする女の子。
女の子は服を脱ぎ始め、主人公に胸を触らせます。
そして

「かわいくあえいで…」

「先輩可愛すぎます」

と言って先輩をいじめます。
そして、主人公は手足をガムテープ、目にも目隠しをされてしまいます。
その状態で主人公のアナルにバイブを入れる女の子。
感じてしまい苦悶の表情の主人公に、女の子は凄い嬉しそうな表情をしています。
そして、主人公のち○ぽを自分の中に入れたのです。

それらの行動にあえぎ声が出てしまう主人公。
彼女は上で激しく動き、主人公は彼女の中で射精をしてしまいました。

その後も、キスや耳を嘗められ弄ばれる主人公。
S○Xが終わると彼女の胸に抱かれています。

そして、お互いの気持ちを確かめ合った二人。
女の子は
「これからもっともっといっぱい…」

「気持ちいいことしましょうね…」

「まだまだ こんなものじゃないですよ?」

と言われ、主人公はそれを聞きドキドキしていたのです。

「文学少女に食べられる」感想
これはどMな主人公と、どSな女の子のお話です。
始めはどちらも控えめな感じがするのですが、女の子はど変態でした。

女の子は主人公の耳を嘗めることから色々な所をいじり始め、主人公の感じた顔を見て喜んでいました。
主人公も攻められるのを喜んでいるようにしか見えないので、凄い良い相性でしょう。

女の子が主人公に絡むシーンは全般的に興奮しますし、フェラチオをしている所の女の子のエッチな表情と、S○Xをしているシーン等は興奮するのではないでしょうか?
個人的には、S○Xの後に幸せそうにしている女の子にも興奮してしまいました。

こんな積極的な女の子がいたらと思う人や、Mな男の子には超お勧めな漫画です。

-未分類

Copyright© 行き遅れババア(BBA)爆乳ネタバレ | 会社の行き遅れババア(34歳)とハメ倒すww , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.